1. フリーランス医師は稼ぐことができるのか

フリーランス医師は稼ぐことができるのか

フリーランス医師になりたい、あるいはなろうとしている人はごく僅かかもしれません。
しかし、それでもし生計が立てられるのであれば検討してもいいという人を含めると、もう少し数が増えてくるでしょう。

フリーランスで稼げるかどうかは実力次第

研究を本格的に行いたいのであれば大学病院に留まる方がメリットがあるでしょうし、社会貢献や地域貢献という点を最重要視するのであれば、地方の病院や診療所などで腕を振るった方が、それを実現させることができるはずです。

自らクリニックを開業するという選択肢も差し置いてフリーになることを考えるということは、やはり生計が立てられるかどうか、つまり、稼げるのかどうかに重点を置いているからではないでしょうか。

医師であっても、ここに意識を向けることは決して間違ったことではありません。
正常な感覚でしょう。

ただ、医師のみに当てはまることではありませんが、フリーランスとして働く人は、そのすべてが稼げるわけではなく、フリーになったことを後悔するほど稼げない人もいるということは知っておくべきです。

フリーランスの平均年収

麻酔科医や内科医、外科医などがフリーランス医師の中では比較的多いと言われていますが、年収で2000万円や3000万円を受け取っている人も実際にいるようです。
1000万円台の人もいるでしょう。

1000万円を下回る人はさほど多くはないようです。
これは、年収が1000万円を下回るフリーランスの医師が改めてどこか診療所などに籍を置く決断をするからだと考えられます。
フリーになったものの思ったように稼ぐことができず、常勤として診療所で働き出すという決断や行動は、これはこれで賢い選択となります。

医療機関の出している求人には単発のもの(スポット求人)も散見されますが、そこには1回の勤務で8万円や10万円といった数字が並んでいます。

1回10万円の案件を月に20日こなせば200万円。
それを1年間続ければ2000万円を超えてくるわけです。
それだけの数の求人を探さなければならず、体力や精神力なども考慮しながら働き続けなければなりませんが、シンプルに考えればフリーランスの医師はこのような稼ぎ方ができると言えるでしょう。

派閥などに縛られることなく、経営なども気にすることなく年収が2000万円を超えるのであれば、少なくともフリーランスになることを検討している医師にとっては魅力的に映るのではないでしょうか。

稼げるのかどうかといった問題とは別に、自由であることも魅力の一つとなるフリーランスという働き方。選択肢として考えておくことは有りなのかもしれません。